花と風と猫と・・・時々うっぷん

気の赴くままに・・・gdgd日記。

映画【ブラックスワン】 13日の金曜日よりも怖かったです...

 

 

 

 13日の金曜日、サタデーナイトフィーバーと一緒に借りた映画「ブラックスワン」も観終わりました。

優雅なバレエダンサーのお話かと思いきや、サスペンションでした。主人公が狂気に苛まれていく様子は、13日の金曜日よりも怖かった。以下、感想...

 

 主人公ニナは完全主義者なバレリーナ。「白鳥の湖」の主役に抜擢され、理想のバレエを追い求めますが、なかなかうまくいきません。周囲から求められる高い理想。この映画のなかで彼女の味方は誰もいなく、孤独です。

家に帰れば過干渉な母親(元バレリーナで自分ができなかったことを娘に代役させようとしている)、仕事先では高い表現力を求める監督、また、自分には出来ない躍りを見せつけ役を狙おうとするライバル。みんなのプレッシャーが、ニナに来ます。もともと繊細で神経質なニナは、周囲の人間にどんどん心を蝕まれ、周りのいう理想、自分のなりたい理想になかなか近づけず、もがき、追い詰められていきます

 

この映画ではニナ視点の世界を視聴者も体験できるのですが、時おり不可解な映像が起こります。壁にかざった絵がニナを嘲笑っていたり。鏡に映るニナが自分と違う動きをしていたり。。。。それはすべてニナの幻覚です。彼女が精神を病んでいくごとに、「思い込み」が幻覚として現れるのです。

最初は単なる幻覚だってわかるんです。でもだんだん追い詰められていけばいくほど、現実との境目がなくなり、酷くなってくる。観てるこちら側もどこからが真実で、どこからが幻なのかが本当に分からなくなる。

現実にこういうことは誰でも起こりうることですから、本当に怖いです。(13日の金曜日はフィクションとして楽しめるが、ブラックスワンはそんな風に観れない)

 

終わりかたも非常にモヤモヤしました。仕事やめますか、自分やめますか、の二者一卓しかないんだもの。(ニナは、【自分をやめます】。)

物語的に、ニナは幸せなんですかね…自分の限界を超え、最高の演技をし、周囲の期待以上の理想を実現し真の自分を手にいれました……でも正気な自分は失ってしまったわけだから、BAD ENDなんじゃね??芸術が、ニナの仕事が高い表現力を求める仕事なのは分かりますが、どつぼにはまってサァ大変よ。

 

主人公の味方が誰もいないのが本当に悲しい。無職の私が言うのは大変おこがましいですが、そこまで追い詰めなくてよかったんじゃないでしょうか。ニナの心休まる場所が、せめてどこかにあればよかったのにと思いました。報われない、悲しいお話でした(´;ω;`) 

 

ブラックスワンのあと、似ている話で思い付いたのが、フランス映画の「ピアニスト」↓。

ピアニスト [DVD]

 

ピアニスト [DVD]

こちらも周囲から抑圧されかなり神経質な女性が主人公のお話ですが、ニナと違い、ピアニストの主人公は紆余曲折しながらも、最終的に自分を取り戻します。学生の頃に観て好きな映画です。おススメですのでもしよかったら観てみてください
 
話がずれましたが、いじょ!