花と風と猫と・・・時々うっぷん

気の赴くままに・・・gdgd日記。

叔父さん

みなさん、こんばんは。お久しぶりです。
今日は、私の日常で難しい問題が起こったので、そのことを書きますね。親しい人宛のメール文章を元に書いたので、話し言葉です。そして、相変わらず読みにくい文章です、ゴメンなさい!

______
今日、母が 叔父(母の弟)のことで、医師に呼ばれて病院に行ったらしい。

叔父は悪性リンパ腫になり、先週から入院してるんだ。でも叔父本人は、その自覚はないの。なぜなら、叔父はかるい高次脳機能障害もあって(10年前に趣味の登山で、山から落ちて前頭葉を打った)、頭のなかがお花畑な性格になってしまい、社会性をすこし失ってしまったんだ。
医師が『あなたは悪性リンパ腫なんだよ』と告げても、本人は『大丈夫です、おれ、治しますから!』って、からきし元気なんだって…。

医師は私の母に、叔父の病状と、抗がん剤治療をするか否か、聞いてきたよ。テレビドラマでこういう展開、観たりするけど、まさか私の身近で起こるなんて。抗がん剤治療をすれば、叔父は一年くらいは自分の時間を延ばせるみたい。

でも、抗がん剤てすっごい強い薬じゃん、本人にもかなりの負担がかかるし、たとえ本人が『先生、苦しくて痛いので治療を辞めてください』と言っても、途中でドロップできないんだって……。私ら家族も、【赤ちゃんの面倒をみるように】、叔父のことを看なきゃいけないらしい。

もし抗がん剤治療をしなければ、そういった負荷はなくなるね。でも、叔父は“その時“が来るのをただ待つひとになっちゃうよ…。心情的にあまり気持ちの良いものではないね。 


私の祖父と祖母は、叔父が頭がよかったのと長男ということで、とても大事にしてきたみたいだよ。母はそんななかで育てられて、あまり実家のことは好きじゃないみたい(母はそのことで、よく私に愚痴るんだよね。)。祖父も祖母ももうこの世にはいないけど、実家にひとり残った叔父のことを、母は心配しつつも、複雑な気持ちで見ていると思う

私も正直に言うと、叔父にはあまりよくしていただいた記憶がなく、どちらかというと苦手だ。しかし治療をどうするかについては、個人的な感情と切り離すべきなのかもしれない。ただ、母にかなり負荷がかかって、大変になるのは見ていられない……。

すごく難しい問題。母も頭を抱えてた。こういうとき、同じ局面になったひとは、みんなどうするんだろう。

明日、母は おねーちゃん(私の姉)にも相談すると言っていた

二回目「コンビニ人間」を読んで 【他人は煩い。】

第155回芥川賞受賞「コンビニ人間」 久しぶりに詠んだので、その感想文です

コンビニ人間

コンビニ人間

 http://sefish.hatenadiary.jp/entry/2017/02/26/200214

↑去年の今頃も、「コンビニ人間」を読んでいたね。
一年前に読んだときは、「主人公」が自分の天性の職業に出会えてとても羨ましいだとか書いた記憶があります。今回の二回目の読後も、その気持ちは変わりませんでしたが、今回は主人公よりも「周囲の人間の煩さ」が気になりました。

いやぁ、主人公の周りの人間たちは、本当に煩い。

36才未婚女性、コンビニのアルバイト店員18年目の主人公に、周囲の他人は「就職か結婚をしたほうがいいよ」とか、「恋愛したことあるの?」とか、本当に煩い。

会社勤めをしてて結婚してて子育てをしている多数派のひとたち。彼らは、自分の事を極めて常識的でスタンダードな人間だと思っています。その彼らの枠に当てはまらない他人…主人公…にたいし、土足に入り込み、裁くことでその人を直す、清いことだと思っている。勝手に入り込んできて、主人公の内面をぐちゃぐちゃに荒らす他人たち、全員に静かにしてほしいなと思いました。

現実世界でも、ほとんどの他人は人の噂話が大好きです。(悲しいかな、私ももちろん含む)。みんな自分の事を「普通」だと思っているし、異質な人に遭遇すると、自分のルールを押し付けてきます。私にも他人にも感情活動がある以上、正義感の押し付けは仕方ないことだと思います。ただ、度を過ぎると本当に煩い。本で読んでこれだけ煩いと感じたのだから、現実世界の正義感の押し付けはもっと酷いものでしょう(お前はもっとああしろ、こうしろ!って、みんな他人に言われるでしょ?)
他人は、煩い。

コンビニ人間」のなかで、唯一、静かな人間は、主人公だけかもしれません。自分が普通とは違う、異質なものだとわかりながら、それを人には押し付けず、安静に、誰にも迷惑をかけずに暮らす。
時に迷いながらも、最終的には自分だけの「普通」を見出だし、穏やかに迎えるラストは最高に安堵します。私はこの主人公のことが、本当に羨ましい。


……ということで、相変わらず支離滅裂な文章でスイマセン。二回目読破後の感想文は、以上です

いつのまにか2018年1月も後半になってた

2018年初めての、はてなブログでございます。 いつも見に来てくださる皆様、どうもありがとうございますm(_ _)m

せひでございます。

かなり遅いご挨拶ですが、
新年明けましておめでとうございます。
好き勝手にやっている雑記ではございますが、今年もどうぞ、穏やかな目で、見てやってくださると嬉しいです。どうぞ、よろしくお願いいたします。 

気づいたら、2018年1月ももう後半……。時の流れは早いですな。うひょー

書きたいことは色々あるのですが、今年はじめての日記だし、年始のお休みに行った赤城神社(群馬県前橋市)の写真でもはりますね。白銀の赤城神社……

f:id:sefish:20180127211139j:plain

f:id:sefish:20180127211205j:plain

f:id:sefish:20180127211223j:plain
 
レンタカーを借りて、フツーのノーマルタイヤで行ったのですが、これは本当に危なくて大失敗でした。【群馬でも山奥の秘境じゃねえんだから、前橋に雪が降るわけねー】 少なくとも、私はそう考えていました。でもその認識は甘かった!!!赤城山は真っ白な雪に覆われ、路面は凍結、道幅も狭く、登りも下りもたいへん困難な道のりでした。そして、【雪なんて降るなわけねー】と考えてたのは私だけではないようで、参拝客の車のほとんどがノーマルタイヤでした…うひょーみなさん猛者や……

みなさん山に行くときは天候にご注意を!
また、白雪に反射した日光で、肌が焼けてしまう恐れもあるので日焼け止めも持っていった方がよいよ。私は、焼けました (;`∀´)

f:id:sefish:20180127211242j:plain

雪に反射する日の光 まっぶしー

f:id:sefish:20180127221106j:plain
御朱印も、もらったよ かっこいいぜ!

いじょ

はじめての鍾乳洞:群馬県上野村 不二洞

2017年の夏、初めての鍾乳洞へ行ったときのことをつらつら書いていきます。(いつものテキトーな感じの日記だよ。)

群馬県上野村の不二洞の日記↓

続きを読む

映画「リザとキツネと恋する死者たち」 味濃いめ、日本好きな監督のハンガリー映画

 

リザとキツネと恋する死者たち DVD

リザとキツネと恋する死者たち DVD

 

 ペパーミント色のかわいい色に惹かれて、「13日の金曜日 Part7 ジェイソンNYへ行く」と一緒に借りました。ファンタジーのような可愛いお話なのかなと想像して観てみましたが………(以下、ネタバレ含む感想。あらすじはアマゾン等で読んでネ…)↓

続きを読む

映画【ブラックスワン】 13日の金曜日よりも怖かったです...

 

 

 

 13日の金曜日、サタデーナイトフィーバーと一緒に借りた映画「ブラックスワン」も観終わりました。

優雅なバレエダンサーのお話かと思いきや、サスペンションでした。主人公が狂気に苛まれていく様子は、13日の金曜日よりも怖かった。以下、感想...

 

続きを読む