読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花と風と猫と・・・時々うっぷん

気の赴くままに・・・gdgd日記。

自己肯定感を得るための方法 めも +追記

みなさん、こんばんは。セフィです。

ここさいきん、私はPurepureさんのブログを拝見しています。その中で自己肯定についての記事があり、理論的で非常に分かりやすく読んでとても救われた気持ちになります。ある記事に私はコメントを書きました。↓

「一人交換日記」11通目感想。この感覚、普通の人に分かるのかな #永田カビ – purepureさんの個人的日常 正式版

 

↓それに対して、たいへん丁寧なお返事を頂きました。Purepureさん、本当にどうもありがとうございます。とても嬉しいです。素晴らしいのでシェアしたいと思います。

purepure.wp.xdomain.jp

大事なこと。

1.心の傷の見極めは当人にしかできない

 

2.論理的思考になると楽になると思います。

 

3.「自己肯定の低さ」から抜け出すことは色々な方法があるが、

その1つに、答えを先に知った場合。そこから逆算して行動と思考を変える。もし好転したらそれが正解であること。

 

4.「自己肯定の低さ」の原因に関する考え方は、過去を遡って原因を追究する(犯人捜し)をしないほうがいい。今自分が持っている考え方のどこに問題があるのかを調べて1つ1つ治していくとよい。

 

 私はどうやったら自分のネガティブさを片付けられるか、ずっと考えてきました。だいたいいつもやってることは、「過去を遡ること」です。で、遡って、今の自分を作ってる原因は何だったのかを探ろうとするんですね。(頭の中で過去の自分のことを思い出す…記憶の旅、というか。)くりかえし、くりかえし。

しかし、「考え方のクセに気付き、まずはクセを矯正する」というのは盲点でした。

 過去をむやみに遡るのではなくて、考え方そのものを治すということも、意識するといいのですね。

 

先日、私はYちゃんからもこうアドバイスいただきました。

「自己肯定を得るにはどうしたらよいか?過去にあったことをノートに書きだす。覚えてる限りの過去を、すべて書く。とにかく吐く。そうやって全部吐いていくと、意外な過去と過去どうしでつながりがあり、現在の自分の気付かなかった部分にリンクしてたりする。それで原因もわかるし、現在の自分を見つめる・改善することができる」

 

Yちゃんは、それをやって自分もよくなったのだそうです。よく自己啓発の本でも、モヤモヤを紙に書き出し、自分の頭の中を整理するとよいというのがありますね。

いま、私はチラシの裏に、落ち着かなくなった時に書きなぐっています。


【2016/11/1追記】

自己肯定のための答えは、世の中身近にたくさんある、ただみんなそれぞれ違うそうです。大切なのは、その答えを、自分で受け入れること。

 

この自己肯定の記事シリーズ?は、自分に対する見つめなおしで書いてます(でもまだ全然読み返してないけど……。

(´ε`;)ゞ)

彼氏からはなげぇよ、と言われたけど。思いつく限り書きます。

また同じように悩んだりしている人のヒントやきっかけがあればいいな(あるのか?(´・ω・`))と思ってます。

書きなぐりですいません。また増えるかも

 

以上